スライド1 スライド3

事務所のあゆみ

四日市港湾事務所

明治 19年 四日市港灯台稲葉町に完成
   32年 8月に開港場に指定
   42年 四日市港築港事務所開設
昭和 31年 四日市港港湾審議会結成、第一回会合を開催
   34年 四日市港工事事務所、運輸省第二港湾建設局清水港工事事務所四日市工場として発足
東邦石炭岸壁(-7.5m物専)着工(昭和38年完成)
第二埠頭地区の工事に着手(昭和43年完成)
   35年 旭防波堤の延長工事(303m高潮)着工(昭和39年完成)
石原ケーソンヤードの築造に着手(昭和49年撤去)
   36年 運輸省伊勢湾港湾建設部設置(第二港湾建設局より独立)
   37年 東防波堤の建設工事(1,195m高潮)着工(昭和39年完成)
   39年 運輸省伊勢湾港湾建設部を運輸省第五港湾建設局に改称(清水港工事事務所を含む)
   42年 第三埠頭地区着工(昭和45年完成)
   44年 東防波堤延長工事(1,248m改修)着工(昭和55年完成)
   45年 運輸省伊勢湾港湾計画の基本構想作成
四日市港工事事務所、大井の川町から千歳町へ移転
港湾計画改定(港湾審議会第41回計画部会)
   46年 霞ヶ浦防波堤(計画延長3,350m)の建設工事に着手
霞ヶ浦南埠頭-4.5m岸壁着工(昭和51年完成)
   48年 霞ヶ浦埠頭-12m岸壁(25号)着工(昭和51年完成)
   52年 霞ヶ浦南埠頭-12m岸壁(24号)着工(昭和57年完成)
   56年 第三埠頭南岸壁改良工事(-11mを-12mに増深)着工(昭和58年完成)
   57年 霞ヶ浦南埠頭-14m岸壁(22号物専)着工(昭和63年完成)
港湾計画改訂(港湾審議会第97回計画部会)
   59年 監督測量船「朝明」(17総トン)建造
   62年 霞ヶ浦南埠頭-12岸壁(26号)着工(平成7年完成)
第二次航路供用(暫定-13m)
平成 3年 石原地区廃棄物埋立護岸(受託工事)に着手
   4年 港湾計画改訂(港湾審議会第142回計画部会)
   5年 霞ヶ浦南埠頭-12m岸壁(23号)着手(平成13年完成)
   6年 霞ヶ浦北埠頭埋立護岸(受託工事)着工
   7年 川越地区泊地浚渫(-14m)着工(平成8年完成)
8年 四日市港国際物流センターが完成
   9年 四日市港工事事務所を四日市港湾工事事務所に改称
   10年 港湾計画決定(港湾審議会第166回計画部会)
11年 四日市港開港100周年記念式典挙行
   12年 第二、第三航路泊地(-14m)完成
   13年 国土交通省中部地方整備局発足
運輸省第五港湾建設局四日市港湾工事事務所を中部地方整備局四日市港湾工事事務所に改称
霞ヶ浦北ふ頭-14m岸壁着工
   15年 四日市港湾工事事務所を四日市港湾事務所に改称
   16年 名古屋港とともにスーパー中枢港湾の指定を受ける
   18年 霞ヶ浦北ふ頭-14m岸壁暫定供用開始
霞ヶ浦北ふ頭コンテナターミナル(第1バース)オープン
中部国際空港アクセス基地「浜園ターミナル」完成
19年 北米定期航路コンテナ第一船入港
   20年 千歳町から新正へ事務所を移転
   22年 霞ヶ浦北ふ頭-14m岸壁フル供用開始
霞ヶ浦北ふ頭コンテナターミナル(第1バース)背後ターミナルを拡張
23年 港湾計画改訂
国際拠点港湾の指定を受ける
26年 四日市港埠頭株式会社が特例港湾運営会社に指定
27年
四日市埠頭株式会社によるW27コンテナターミナルの運営開始
30年 臨港道路(霞4号幹線)の開通(4月1日)

津松阪港事務所

明治 23年 川喜多四郎兵衛が発起人となり浚渫開始
41年 南防波堤220m、北防波堤229m等を建設し港としての形態を既成する。
大正 11年 内務省指定港湾となる(津港)
12年~ 県営事業として大口改修事業を起し、大口修築事務所を設置その間大正13年松阪に合併し、松阪港と改称
昭和 5年 内務省指定港湾となる(松阪港)
7年 国庫事業として工事を継続、東防波堤、西防波堤等を完成
19年 東南海地震
23年 アイオン台風改修計画による復旧工事を実施
27年 地方港湾に指定
28年 台風13号来襲
34年 伊勢湾台風来襲
~38年 災害復旧工事海岸保全区域が指定される
42年 津伊倉津地先に臨海工業用地の造成公共港湾施設を整備
46年 地方港湾、津港と松阪港併せて津松阪港が設立重要港湾に指定大口岸壁の建設に着工
48年 港湾計画改訂
52年 大口岸壁完成
58年 港湾計画改訂
61年 北岸壁(旧港湾岸壁)の改修に着工
平成 4年 海岸法第6条の規定により、運輸省が自ら行う津松阪港直轄海岸事業となる。
5年 「ふるさと海岸整備モデル事業」に指定される津松阪港事務所開設香良洲地区護岸着工
6年 松阪地区(西黒部)護岸着工
7年 三雲地区(天白)護岸着工
8年 「ふるさと海岸整備モデル事業」から「ふるさと海岸整備事業」に変更
10年 松阪地区(大口)護岸着工
11年 海岸法改正「自然との共生へ」
13年 松阪地区(猟師)護岸着工
松阪地区(松ヶ崎)護岸着工
14年 津地区(贄崎)への事業区域拡大
15年 津地区(贄崎)護岸着工。三雲地区(鵲)護岸着工
17年 中部国際空港アクセス基地「津なぎさまち」完成
18年 中部国際空港アクセス基地「松阪港旅客ターミナル」完成
19年 松阪地区西黒部工区の事務引継が完了
21年 松阪市中央町から津市万町へ事務所を移転
21年 松阪地区 猟師工区、大口工区、松ヶ崎工区の事務引継が完了
22年 香良洲地区の事務引継が完了
23年 津地区(贄崎)完成
三雲地区完成
24年 津地区(栗真町屋)着工
26年 津地区(阿漕浦・御殿場)着工
30年 津地区(栗真)の直轄事業化(整備工区追加)