スライド1 スライド2 スライド3

津松阪港海岸

津松阪港海岸のあらまし

津松阪港の全景写真

津松阪港海岸は、昭和28年に来襲した台風13号と、未曾有の災害をもたらした昭和34年の伊勢湾台風により破壊的な被害を被り、昭和28年から38年にかけて災害復旧事業として現在の海岸護岸が整備されました。

その後、約半世紀が経過し海岸護岸の老朽化が見られ、さらには地盤沈下や海浜の侵食および液状化の可能性があることが確認され、根本的かつ緊急的な整備が必要となりました。このため、平成4年度より高潮対策事業として、老朽化が特に著しい香良洲地区・三雲地区・松阪地区・津地区 約11kmについて、海岸整備事業を実施しています。また、平成23年度からは、津地区(栗真町屋、阿漕浦、御殿場)の約5.5kmについて海岸整備事業を実施しており、平成30年度に津地区(栗真)が整備工区に追加されました。